コンテンツへスキップ
ブオナミコ (イタリアワイン

BUONAMICO WINE

ブオナミコ ワイン(イタリア)

2019年に日本初上陸した人気のイタリアワイン。口コミでも人気のBUONAMICO(ブオナミコ)のワイン。トリノの飲食業を営んでいたモンテカルロ出身の人たちが、故郷のワインをお店で提供しようという強い思いを実現して開業し、伝統的なワインの本質を変えることはせず、自身の望むワイン造りを発展させながら、モンテカルロの地のトップ生産者として豊かなワインを生産しているワイナリー。

テヌータ ゴルギ トンディ(イタリア)

4世代にわたり、シチリア西部の南岸に位置するマゼラデルヴァッロ郊外にブドウ畑があるワイナリー。全て欧州基準のビオロジック認証を得ている自然派ワイン(ビオワイン)。

アゴスティーナ ピエリ(イタリア)

「イタリアを代表するワイン」として、世界的に高い人気を誇る伝統的なモンタルチーノワイン。「抜群の安定感・バランス」が実現したワインであり、彼らのワインの最大の特徴です。明確な果実味と親しみやすい口当たりに仕上げる彼らのワインは世界的にも人気が高い。

ヴィルヘルム ワルク(イタリア)

透明感とピュアな果物味を素直に表現したワイン造りが特徴のトレンティーノ・アルト・アディジェのワイナリー。アルトアディジェの風景と気候を映し込んだ様な透明感とピュアな果物味を素直に表現したワイン造りが特徴です。

ファットリアカッパ(イタリア)

トスカーナ州リヴォルノの内陸に位置するカステッリーナマリッティマを拠点とする、小さな生産者。オーナーでもあるアンドレア・ディマイオ氏の指揮の下、ワイン造りについては、自然をリスペクトし「ビオロジック」と「ビオディナミ」を実践する方針を取り入れるなど、独自のワイン感に基づき個性的なワインを生産している。

マルコ コルダーニ(イタリア)

北イタリアの先進的なナチュラル食品の店やレストランに並べられ、生産数が少ない為、イタリア国内でも滅多に見かける事がありません(入手困難な希少なワイン)。規模を小さく、その分丁寧に作られたワイン。

コッレ マリアンナ(イタリア)

「産地、銘柄、生産者名に囚われずに、シンプルに、このワインの味に触れている人がどのくらいいるのか?ワイン自体をまっすぐに伝えるべく、このプロジェクトをはじめた」との事で、あえて、生産者の名前を伏せた形でワインを生産。

ジョージアワイン(ジョージア)

8000年の歴史を持つ、ワイン発祥の地ジョージア(グルシア)ワイン。ジョージア伝統のクヴェヴリ(粘土製の壺)の中で、発酵・熟成されたワイン。

さかい河岸ブルワリー(茨城県)

茨城県猿島郡境町にあるビール醸造所。特産品である「さしま茶フレーバー」が特徴のビールなど6種を製造。さしま茶を利用したクラフトビールは、飲みごたえのある苦みとホップの香りとさしま茶の香りが融合し華やかな香りが漂う味わい深いビールです。

秋保ワイナリー 仙台秋保醸造所(宮城県)

宮城県にある秋保ワイナリーの日本ワイン。人気のロゼワインや白ワイン、宮城県産りんご100%使用した林檎のワイン(シードル)を取り揃えております。

遠野まごころネット(岩手県)

岩手県にある遠野まごころネットの日本ワイン。三陸に「夢と希望と未来と共に」を願って障がいを抱える方々と共に育てた葡萄で作る美味しいワイン。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。お酒は楽しく、適量に。20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、お酒を販売いたしません。

TOP » ワイン・お酒