コンテンツへスキップ
ブオナミコ (イタリアワイン

2019年に日本初上陸!BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリー

BUONAMICO(ブオナミコ)とは?

BUONAMICO(ブオナミコ)とは?

イタリア共和国中部にあるトスカーナ州ルッカ市、モンテカルロの南西部に位置するセルカトイア地域にあり、約100ヘクタールの面積にブドウ園を持っている地域を代表するワイナリーです。トリノのレストランが数件集まって、このモンテカルロの地で自身の望むワインを造りそれを自分たちの店で提供する事から始まりました。伝統的なワインの本質を変えることはせず、自身の望むワイン造りを発展させながら、モンテカルロの地のトップ生産者として豊かなワインを生産しています。

BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリー紹介

BUONAMIKO(ブオナミコ)ワイナリー紹介

BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリーは、1964年、トリノで飲食業を営んでいたモンテカルロ出身の人たちが、故郷のワインをお店で提供しようという強い思いを実現して開業し、以降、半世紀の時を経て、現在はモンテカルロでオリーブオイル製造をしていたフォンターナ父子による経営となっています。今ではモンテカルロにあるブドウ畑総面積の3分の1を占め、小さなワイナリーばかりのこの地域において輸出ができる唯一のワイナリーとして、モンテカルロワインを牽引しています。

他の産地と同じく、モンテカルロでも中世からワイン製造が行われていましたが、独自の特色を生み出したのはジュリオ・マニャーニ。1870年、フランスに赴いてワイン製造について学び、各地から様々な品種を持ち帰って、トスカーナの在来種であるトレッビアーノの畑で実験的栽培をはじめました。これらのフランス種は今までのこの地のワインに上品さ、まろやかさ、香りを与え、そこからモンテカルロワインの目覚ましい発展が始まります。

醸造家について

醸造家について

アルベルト・アントニーニ

フィレンツェ大学で農学を卒業し、ボルドー大学でのステージとイタリア国内外の有名企業でのいくつかの実務経験を経て、ワインメーカーとなり1997年コンサルティング会社「GruppoMatura」の共同創設者になりました。「世界のワイン醸造家ベスト5」にも選ばれたイタリアのトップ醸造家でもある人物です。彼が働いている会社によって生産されたワインの多くは、主要な国際的なワイン雑誌によって高く評価されています。

バレンチノシアラ

ヴェッレトリで生まれ、フィレンツェ大学でワイン醸造学を卒業。彼の好奇心と情熱により、彼はスイス、南アフリカ、フランスでいくつかの仕事経験を積みました。その後、イタリアの焦点をあて、ルニの丘、チンクエテッレ、マルケジアンティノリ、そして最後にグルッポマトゥーラで働きました。彼は現在トスカーナやシチリアなどのもっとも重要なワイン産地でワインを製造しています。

ブオナミコワイナリー訪問記

BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリー訪問記

BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリーは、ブドウ畑やオリーブ畑、ワイナリー見学&テイスティング、そしてレストランとワインリゾートまで楽しめます。また、製造総責任者のパオロさんも一つ一つのワインの品質や製造工程から歴史などを情熱をもって案内いただきました。また「世界のワイン醸造家ベスト5」にも選ばれたアルベルト・アントニーニ氏の監修も受けています。

BUONAMICO(ブオナミコ)受賞歴
BUONAMICO(ブオナミコ)

ブオナミコの歴史が詰まった保管庫

BUONAMICO(ブオナミコ)の歴史が詰まった保管庫で世界を代表するワインを熟成しています。熟成中の樽の廊下を抜けるとスプマンテの生産現場へ繋がります。トスカーナ州はあまりスプマンテのイメージはありませんが、BUONAMICO(ブオナミコ)ではタンク内で発砲させるシャルマー方式を採用し、白やロゼなど、5種類ものスプマンテを生産しています。現在BUONAMICO(ブオナミコ)では年間約45万本が生産され、ヨーロッパ各国を始め、アメリカや日本など世界15カ国へ輸出しています。

弊社は、イタリア トスカーナ州 ルッカ市で行われた「LUCCA COMICS&GAMES 2018」イベントの公式ワイン(松本零士受賞記念ワイン、北斎ワイン)の企画に携わったのが縁となり、BUONAMICO(ブオナミコ)ワインを日本に輸入いたしました。
*2019年に日本初上陸!!

ブオナミコ ワイン(イタリア)

2019年に日本初上陸した人気のイタリアワイン。口コミでも人気のBUONAMICO(ブオナミコ)のワイン。トリノの飲食業を営んでいたモンテカルロ出身の人たちが、故郷のワインをお店で提供しようという強い思いを実現して開業し、伝統的なワインの本質を変えることはせず、自身の望むワイン造りを発展させながら、モンテカルロの地のトップ生産者として豊かなワインを生産しているワイナリー。

ブオナミコ オリーブオイル(イタリア)

2019年に日本初上陸した人気のイタリアオリーブオイル。半世紀の時を経て、現在はモンテカルロでオリーブオイル製造をしていたフォンターナ父子による経営になっているので、BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリーでは、オリーブオイルも製造しています。厳選した地域のオリーブのみを使用しているので、生食用として最適です。サラダや温野菜にもオススメの高品質のエキストラバージンオリーブオイル。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。お酒は楽しく、適量に。20歳以上の年齢であることを確認できない場合には、お酒を販売いたしません。

TOP » BUONAMICO(ブオナミコ)ワイナリーについて